研修期間の大切さ

仕事をする上で、最初から即戦力として期待されているのは経験者であり、未経験である場合は研修期間というものを設けられていることが多いです。これは、アルバイトでも正社員でも同じでしょう。期間はというと、会社によってまちまちですが、大体3ヶ月前後のところが多いようです。アルバイトだと、研修期間の間は時給が少し低くなることもあります。給与というのは働きに対する対価なので、これは妥当な処置と言えます。
この研修期間に大体の仕事を覚えて、ある程度こなせるようになる必要があります。そうすれば、あとは周りの自分より先にいた人たちと同じように働かなくてはなりません。また、例えば飲食店のアルバイトであれば名札のところに初心者マークがあったり、研修期間であることがわかりやすく表示されることもあります。そのため、お客さんもそれを知っているので多少のミスや食い違いも仕方ないと済むこともありますが、そうしたマークがないときは新人だろうがアルバイトだろうが社員だろうが同じ店のスタッフということになりますので、新人だからという甘えは通用しません。働いてお金を貰うということは責任を持つことですから、まずはそのことを自覚して頑張りを見せましょう。
また、正社員の新人研修はとても厳しい研修を行うところもあるといいます。チームに分かれてみんなでマラソンをしたり、長距離を歩いたりして協調性や忍耐力をつけるのだそうです。そこでリタイアしてしまう人もいるくらい厳しいものですが、いずれ社会に出て働いていけばこんなのは序の口、と思うこともあるかもしれませんね。